七五三に早馬さんへお参りし、お子様の健やかな成長をお祈りいたしましょう!










 このたびは七五三のお祝い、誠におめでとうございます。
お子様の成長を心待ちにこのお祝いをお迎えの事とお慶び申し上げます。

  古くより三歳・五歳・七歳は子供の厄年にあたると言われ、子供の成長にとりまして大きな節目の年となります。 七五三のお祝いはこれまでのお子様の無事な成長を神様に感謝し報告申し上げると共に、なお一層の健やかな成長と将来の幸せを願い、ご家族おそろいで神社にお参りする大切な人生儀礼です。

 私たちは、神様又自然の恵みや祖先のおかげ、社会の人々の共存により日々無事に過ごし暮らしているのです。とりわけお子様は、三歳の頃より言葉を理解し、同じ年頃の子供達とふれ合う機会も多くなり、小さな社会へと少しずつ踏み出してゆく時期です。このことをふまえ古くから人々は七歳・五歳・三歳の節目に人生の儀礼として七五三宮詣りを行ってまいりました。

 家庭での教えや人生の儀礼を通じて学ぶことは、やがて広い社会に旅立つときに大きな影響を及ぼします。この事を再認識していただき、七五三のお祝いを通じ、神社に参拝することにより、人や物に対し感謝し大切にする心を育てていく事が大切であると考えます。
 早馬さんの大神さまに七五三詣をする事により、お子様達の健全な未来をお祈りいたしましょう。

三歳/男の子・女の子 髪置(かみおき)
三歳の男女が髪を伸ばす儀式です。 生まれて三歳頃までは髪を剃っていたので、この時期より髪を伸ばし白髪が生えるまで長寿でありますようにという願いが込められていました。

五歳/男の子 袴着(はかまぎ)
五歳の男児が初めて袴をはく儀式です。 碁盤の上に吉方を向いて立ち、古式で吉とされる左足から袴をはき小袖をきて扇を持つという儀式です。

七歳/女の子 帯解(おびとき)
七歳の女児が付け帯を解いて、初めて大人の帯を締める儀式です。 子供から大人として社会に認められたという意味を持ちます。


七五三祈祷時間

毎日 午前8時〜午後4時30分   概ね30分毎にご祈祷しております。(一部祭典などの日は除く)

参拝の流れについて

【予約】神職全員が外のお祭に伺い不在の時間もまれにありますので、ご希望の日時がお決まりの方は早馬神社社務所(0226-32-2321)までお電話にてお問い合わせ、ご予約ください。

御初穂料、おふだ・お守り・千歳飴



 早馬神社では七五三祈祷のお下がりとしておふだ・お守り・千歳飴・勉強かるた・お菓子・自由帳をご用意してお待ち申し上げております。
 お守りは6種類の中からお好みのお守りをお選びいただき、ランドセルや通園バッグにお付けいただくことができます。どうぞ御家族お揃いでご参拝ください。

 また赤ちゃんの初宮詣・安産祈願・ご両親の厄祓・家内安全・お車のおはらい等、ご一緒に祈願もお受け致しております。
 御初穂料(祈祷料)は お気持ちにてお供えいただいております。




公式SNS Facebook 気仙沼 唐桑の人びと−早馬神社からの手紙




早馬神社 宮城県気仙沼市唐桑町宿浦75  TEL0226-32-2321 FAX 0226-32-2387