安産祈願に早馬さんへお参りし、尊い生命を授かったことを感謝し、出産における母子の無事をお祈りください。







 先祖よりつながってきた生命の流れは奇蹟の賜物であり、尊いものであります。安産祈願は子宝に恵まれたことを感謝し、神さまに無事な出産と赤ちゃんの健康をお祈りする人生儀礼です。

 胎児の成長・出産は人知の及ばない神秘的なものです。母子ともに健康で穏やかな出産でありますよう御神前で祈願致します。
妊婦さんをはじめご家族皆様でどうぞお参りください。

 早馬神社を創建した梶原景実
(鎌倉武将 梶原景時の兄、『吾妻鏡』では専光房良暹)は元は伊豆走湯山(伊豆山神社)の宮司をしておりましたが、鎌倉幕府初代将軍 源頼朝公の命により鎌倉若宮(鶴岡八幡宮)の別当(宮司)に招かれました。 

 寿永元年(1182)8月12日、景実(専光房良暹)は源頼朝公の直々の命によって、夫人である北条政子の安産祈願を執り行う中、政子は無事、男子(二代将軍源頼家公)を出産しました。早馬神社は初代梶原景実より第33代である現宮司まで連綿と梶原氏がご奉仕しております。

 鎌倉幕府編纂の歴史書『吾妻鏡』にも記されており、早馬神社の初代が北条政子の安産祈願を執り行い、安産であった史実に由来し、早馬神社は古くより安産・子育てに御利益ありといわれております。


戌(いぬ)の日、帯祝い、腹帯(ふくたい)

 神社で安産祈願を受けた「腹帯(ふくたい)」を、安定期の妊娠五ヶ月目を過ぎた戌(いぬ)の日にしめる習わしが「帯祝い」です。犬は多産で安産であることから、これにあやかって戌(いぬ)の日に帯をしめます。
腹帯は「岩のように丈夫な子を産み育てる」という意味から「岩田帯」とも言われます。

 腹帯をすると「お腹が冷えない、安定する」のみならず、妊婦を精神的に落ち着かせ、出産への自覚を促す、そして、胎児の霊魂を安定させるという心理的、精神的な有効性があります。

 早馬神社では安産祈願の御祈祷のお下がりとして「腹帯」を授与しております。安産祈願にて受けた「腹帯」で「帯祝い」を行い、赤ちゃんの健康と無事な出産をお祈りください。




御初穂料、おふだ・お守り・腹帯

 ご祈祷のお下がりとして腹帯、御神札(おふだ)、桐箱入りお守り、撤饌を授与致します。
 ご自身でお求めになった腹帯をお持ちいただいた場合、あわせてお祓いをいたします。受付の際にお渡しください。

 
 初穂料(祈祷料)は5,000円より、 お気持ちにてお供えいただいております。



安産祈願祈祷時間

毎日 午前8時〜午後4時30分   概ね30分毎にご祈祷しております。
※一部祭典などの日は除く


・寒い時期は拝殿・控室共に暖房が効いてますのでどうぞご安心ください。
・控室で出されるお茶は黒豆茶・ノンカフェインですので、安心してお召し上がりください。


【時期】妊娠5ヶ月目の戌の日、それ以降のご都合の良い吉日

【予約】神職全員が外のお祭に伺い不在の時間もまれにありますので、ご希望の日時がお決まりの方は早馬神社社務所(0226-32-2321)までお電話にてご予約・お問い合わせください。

参拝の流れについて



公式SNS Facebook 気仙沼 唐桑の人びと−早馬神社からの手紙



早馬神社 宮城県気仙沼市唐桑町宿浦75  TEL0226-32-2321 FAX 0226-32-2387